仕事と介護の両立支援サービス 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜

介護 」を支援することは「 仕事 」を支援すること

 

介護や看護の為に離職する人は年間10万人と言われています。

従業員の介護に関する問題に取り組むことが、会社の財産である人財の流出防止につながります。

 

パソナグループは『社会の問題点を解決する』という創業以来変わらぬ企業理念のもと、常に高い志と使命感を持ち、人々の心豊かな生活の創造のために、絶えず新しい取組みを発信し続けてきました。

近年の、「介護離職」という社会の問題に対しても、これまでの事業で培った経験を活かし働く人のワークライフバランスの実現をサポートすべく、その防止策をご提案させていただいております。

サービス内容 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜

詳細はこちら

介護期間や対象人数が読みづらく、予算化が難しいという側面を持つ両立支援において、会社が手を差し伸べるラインをどこに置くかがこのサービスの 導入ポイントとなります。詳しくご状況をうかがい、お客様ごとにあったサービスのご提案をいたします。

01
従業員の仕事と介護の
両立に関する実態調査 02
介護に直面する前の
従業員への支援 03
介護に直面した
従業員への支援
REPORT

仕事と介護の両立支援についての現状

詳細はこちら

Theme.1

〜人事部へのアンケート調査〜

介護離職に関する状況や、会社で行っている仕事と介護の両立支援策等についてお答えいただきました。

従業員の介護に関する実態把握が進んでいない一方で他社や社会動向についての関心は高く、両立支援策整備への気運の高まりがうかがえました。

詳細はこちら

Theme.2

〜各社取り組み事例〜

介護離職防止や仕事と介護の両立支援制度の整備については、優先的に取り組むべき課題として捉える企業が多く、既に各社で防止策に着手されています。ここでは、当社サービスをご活用頂いております企業様を一部ご紹介いたします。

パソナグループのトータルソリューション

詳細はこちら

〜私たちの強み〜

仕事と介護の両立をしている従業員に対して、その職場は従業員同士で助け合い

一緒に乗り越えていくといった共助可能な環境を整備しておく必要があります。

ご要望に応じて、専門分野に特化したパソナグループとの連携にて、様々な分野における経営課題を解決に導きます。

仕事と介護の両立セミナーの様子 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜

●介護の基礎セミナー

介護の基本情報を中心に、介護保険の活用法など、複数のプログラムをご用意させていただきました。

●高齢者疑似体験セミナー

高齢者の身体的機能低下や心理的変化を、擬似的に体験し、高齢者の気持ちや介護方法等を学ぶ体験型セミナーを実施させていただきました。

お問い合わせ先

株式会社パソナライフケア

東京都千代田区大手町2-6-2

仕事と介護の両立支援サービス 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜