仕事と介護の両立支援サービス 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜
REPORT

~各社取り組み事例~

仕事と介護の両立支援において、当社サービスをご活用頂いております企業様をご紹介いたします。

仕事と介護の両立セミナー

●ANA 様

介護は介「互」、互いにサポートし合う風土を醸成してほしい!

【対象】任意参加
【日時】2017年7月某日

【参加者】男性5割・女性5割(介護中社員2割)

(ANA‘sWay推進チーム ダイバーシティ&インクルージョン推進室の皆様と)

<参加者の感想>

  • 育児と違い、(介護は)終わりの見えない大きな不安があったが、メリット/デメリットを含めた事例をもとに、自分の生活も保ちながらの介護でもあり得るのだと知ることができた。
  • 近い将来、介護に直面する可能性が高いが、どこに何を相談すべきか不安が募るばかりであった。
  • 今回セミナーに参加し、知識を得たことはもとより、不安が安心に変わった。
  • 介護という重いテーマにも関わらず終始明るい雰囲気で、フラットな気持ちで臨むことができた。管理職の理解や(自分の)初動対応が働き続けられるかのポイントとなると感じた。

●日産自動車 様

従業員がイキイキと能力を発揮し続けられるように、介護の初動の大切さ、介護保険の知識を習得して欲しい!

(2017年8月セミナー風景)

【対象】任意参加

【日時】2016年12月某日

【参加者】本社、事業所

<参加者の感想>

  • 解りやすく具体的事例を示しながら丁寧に説明頂いた点、そしてケアマネジャーとして様々な悩みを持つ人々を受け止めてきたご苦労の片鱗をみせつつ凛とした姿がとても印象的で、ダイバシティイベントに相応しく良かったです。本当にありがとうございました!
  • 多くの方が帰省する休暇前と言うタイミングはとても良かった。頂いた資料をベースに両親と将来の対応について相談する事が出来るのでとても助かりました。

仕事と介護の両立支援ハンドブック

●日本航空 様

「一人で抱え込む介護」から「みんなで支える介護」へ

JALなでしこラボプロジェクト「Take Off」チームの皆様と介護に関する正しい知識と対応方法を身につけ、一人ひとりが介護への理解を深めることを目的に、介護に関するハンドブックを作成させて頂きました。介護について話しやすい・相談しやすい職場環境にしていくため介護セミナーも行っています。

(JALなでしこラボプロジェクトの皆様)

仕事と介護の両立支援サービス 〜PASONA FAMILY CARE PROGRAM〜